新潟県議会員小島たかし 小島たかし登場ビデオメッセージ
新潟の観光・まちづくり 小島と共に仕掛けよう
小島たかし後援会申込
←TOPへ ↑一覧へ
年頭挨拶(平成29年元旦)
明けましておめでとうございます。今年もどうぞ皆様のご支援とご指導をお願い申し上げます。
さて、昨年は参議院選挙、知事選挙で自民党が支持する候補が苦杯を舐めるという厳しい一年でありました。選挙戦の反省もさることながら、この結果は自民党県連あるいは自民党そのものの在り方について考え、見直さなければならない、という重い課題を露わにしてくれました。このままの自民党でいいのか、県議会が旧態以前のままでいいのか、など今まで内在していた自民党の在り方、ひいては議会改革という課題が浮き彫りになったのではないかと感じています
そんな中、昨年の12月定例県議会では、新しい知事に対して一般質問をさせていただきました。知事がどんな新潟県を目指しているのか、これまでの県政を継承するのか、など知事の基本姿勢を質すことになりました。しかし、平成29年度の予算案策定を前に、まだまだ不明な点は残ったままです。2月定例議会では、県政野党として新知事の予算編成を評価していくことになります。
そんな状況から、今年一年は初心にかえって、自民党、あるは議会の在り方について問い続ける一年になると思っています。また、具体的に改革を実行していかねばならないとも覚悟しています。
勿論、その根底にあるのは、県民ファースト(はやり言葉ですが)であります。その為には、実際の事業を成していく胆力が必要と自覚しています。これまで取り組んできた「観光振興」「まちづくり−古町を中心としたまち中の活性化」「BRTに変わる新公共交通の実現」「ロシア極東地域との経済交流」などに具体的な成果が挙がるよう取り組んでいく所存です。
今年もどうぞご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げるとともに、皆さま方のご健勝、ご多幸をお祈りいたします。宜しくお願い申し上げます。
コピーライト プライバシーポリシー ご利用に当たって サイトマップ ご意見・お問合せ